「なぜゴリラを絶やしてはならないのか」をテーマに、スイス公文学園高等部の高校生たちにお話ししました。

ゴリラがコミュニケーションに使う音(ボーカリゼーション)を映像とともに紹介したり、メスがグループを移籍する時の話や、公園の拡張計画についても話しました。

マウンテンゴリラはほぼ草食なのに草食系男子はいないし、メスはいわば肉食系。オスゴリラはイクメン。子どもは3歳くらいになるとオスと過ごす時間が長くなります。でも、そうなると、なんと別のオスを求めて出て行ってしまうメスもいるんですよ。

高校生のみなさんから、なかなか面白い質問も飛び出しましたよ〜。

▶︎こちらからトークショーの様子が見られます。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 − 4 =