最近のお知らせ

山極壽一先生との対談イベントを京都で開催しました。

山極壽一先生との対談を開催しました 12月21日、京都の法然院で山極壽一先生と対談イベントを開催しました。 題して、「ゴリラにとり憑かれたふたりの、ほろ酔い対談『スマホを持たないゴリラたち』」 美味しいお酒とお肴をいただ […]
火山国立公園のそばの小学校でゴリラのことを教えました 12月13日。小学校の子供たちに、森啓子が長年撮影してきたゴリラの映像を見せながら、 「森の中でゴリラたちはどんな暮らしをしているのかな?」「なぜゴリラを守ることが大 […]
毎日新聞の記事(12月21日付け)で紹介されました。森啓子がゴリラの撮影を始めたきっかけ、そしてルワンダの森で感じたゴリラの変化について書かれています。ゴリラ研究の第一人者の山極寿一・総合地球環境学研究所長のコメントも紹 […]

ゴリラ質問箱

ゴリラ質問箱をもうけました。ゴリラについて知りたいことがあったらどうぞメールまたはLINEでご質問ください。ZOOM等でお答えします。

トークショー

野生オランウータンの研究者、久世濃子。マウンテンゴリラの撮影をしている、動物ジャーナリストの森 啓子。ふたりの子育て経験者が、ゴリラとオランウータンの魅力を語ります。

♫みなさんはゴリラがハミングするってご存知ですか?



Photo Credit: Keiko Mori/ RDB

雨上がりの瑞々しい森に分け入ると、人がいるはずのない原始の森から、のどかなメロディーが聞こえてくることがあります。

声の主はゴリラなんです。家族がみんな元気で、密猟などのトラブルもなく、幸せの絶頂にあると食べるのも鼻歌まじり。

ゴリラのハミングが森に永遠に響きますように、という願いを込めて私たちは活動しています。

活動予定

当団体代表の森啓子 は、2011年からルワンダの火山国立公園でゴリラの撮影に取り組んできました。この活動を通してルワンダ政府のルワンダ開発局(Rwanda Development Board)および火山国立公園との信頼関係を築くとともに、ゴリラを守ろうと日々努力している人々を支援する方法を模索してきました。

私たちがこれから行おうとしている現地プロジェクトは全て、RDBの公園担当者及び公園長との話し合いを重ねる過程の中で生まれたもので、いま現場で最も必要とされているものです。

1. ゴリラのモニタリング体制の強化・支援

2. ルワンダでの感染予防用アルコール消毒ジェル提供

3. ルワンダでの啓発活動

4. トーク番組の配信(日本)

活動予定の詳細は こちら

Photo credit: Keiko Mori/ RDB