理事長・森啓子のインタビュー記事のつづきの「後編」が出ました。
ついに完結です。こんなに長い記事にしていただいて、エシカさんには感謝、感謝です。

マウンテンゴリラの住む火山国立公園(ルワンダ)にて、レインジャーたちと

ルワンダのジャングルに分け入ってゴリラを撮影する日々の中、サラヤ(株)の更家社長との再会がきっかけとなってゴリラ保護のためのNPOを設立します。

ルワンダの火山国立公園では、ゴリラは一頭一頭区別されて名前もついています。一体どうやってやって区別しているんでしょうか?そんなことも話しています。

森啓子。まだまだ撮影技術も磨きたいし、イギリスの映像祭で大きな賞も取りたい。ゴリラの保護にも一役買いたい。

新型コロナウィルス感染症も含めて、ヒトからゴリラに感染する人獣共通感染症からゴリラを守るためにも、現地で手指消毒も定着させていきたい。

なにより、ゴリラのはなうたが聞こえる世界にしていきたい。

さ〜て、まだまだこれからです!

〜個人と世界のサスティナビリティーを提案するエシカルコンシャスwebマガジン〜 ethica(エシカ)
【ethica編集長対談】動物ジャーナリスト・森啓子さん(後編)

Categories:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − seven =